PAGE TOP

ゲーマーは無表情で戦闘機を操る

「百姓」は嫌いかな?好きかな?それぞれ感じ方があるかもわかんないけど、必ずしも悪くはないんじゃないかな、「兄ちゃん」って。そう考えたりしない?
TOPPAGE

よく晴れた日曜の昼に歩いてみる

ちかちゃんの恋人であるSさんが経営する食品会社で、定期的に和歌山の梅干しをお願いしている。
酔っぱらうと電話をかけてくれるSさんの可愛い社内SEのEくんという働き者は、ぜんぜん話がかみ合わない。
素面のときのE君は、結構な人見知りが激しいようで、そんなに多くは話してくれない。
だから、私はEくんとは満足いくくらいコミュニケーションをとったことがない。

月が見える土曜の夕方は椅子に座る
ひえしょうになってからは、こころもち身にこたえるけれど、やはり寒い時期がいとおしい。
部屋の空気が乾燥しているからか、カラリとした匂い、そして布団の心地よさ。
冬の太陽って豪華な気分にしてくれるし、カメラを持って、早朝の浜辺も素敵。
季節感は、レフもGOODだけれどトイで思いっきりシャッターに収めるのがそこそこ味のある写真がゲットできる。

熱中して吠えるあの人と季節はずれの雪

御盆が近くなって、とうろう流しなどの催し物がほど近くで実行されている。
ほど近くのイベント会場では、竹やペットボトルで作ったとうろうが並べられていた。
近郊のイベント会場では、暗くなってからは電気の明かりは付けられてなくてなくて、とうろうの光だけなのは、大変眩しかった。
竹やペットボトルに囲まれてろうそくが光っていて、温和な灯りになっていた。
やさしい光源が周辺の樹々を照射していてすごく眩しかった。

そよ風の吹く平日の朝はお菓子作り
今更ながら、ニンテンドーDSに夢中になっている。
はじめは、TOEIC対策にもっと英語漬けや英語のソフトを購入していただけのことだった。
しかし、電気屋さんでソフトを選んでいたら他の物についつい見てしまい、いつも欲しくなってしまう。
絵心講座や、マリオパーティー、どうぶつの森などなど。
便利なもので、トラベルシリーズも発売されている。
例えば、待ち合わせなどの、暇な時間にも活躍しそうだ。

気どりながら体操する兄弟とぬるいビール

知佳子とニューヨークのAbercrombie & Fitchに向かった。
本当にアバクロのカジュアルなデザインが気に入っている。
そして、店内の空間デザインと、この香りが。
1時間程みて、店を後にした。
気付いたら、私が道を占領して、通れない人が後ろにいたので、すみません!と言い後ろを見た。
そういえば、店に来ていたお兄さん。
笑顔で、ありがとう、と言われた。
驚いたのは、抱えている手荷物。
アバクロでどれだけ購入したの?って疑問が生まれた。
次に入店した、スタバでチカコとその男の人の収入予測で議論をした。
本当の事は永遠の謎だ。

夢中でお喋りする先生とオレ
仕事終わりの暇つぶしに、ポーラ美術館に入ってから、あの空間に病みつきだ。
びっくりしたのは、一人でのんびり観賞しに来ている方もいたこと。
なのでわたしも、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、期間限定の展示がとても以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示がすごくあの有名な横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の作品が多数ある。
どんな方かと言ったら、有名な週刊誌、新潮の表紙を描いた作家だ。
その他、江戸村の近くにある、竹久夢二の美術館で、大量のポスターを買った思い出も。
このように、美術館にはなにかと贅沢な時間を楽しませてもらっている。

雲の無い大安の早朝にビールを

定期的な診断は、毎度どこかしら引っかかる。
心音だったり、血液検査だったり、胃だったり。
胃の検診をバリウムを一杯飲んで受けてみて、検査結果を受け取ると、胃がんの疑いがあり、即刻、胃の再検査を紙面に記載の病院にて受けてください。
と印刷されてあったのには、あせった。
あせったというかおっかなかった。
いち早く胃腸科の病院に胃の再検査に車で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃は今までもズキズキしていたので、定期診断に引っ掛かったのはわかるが、言葉で自分の名前とがんの疑念が存在すると書いてあったらぞっとした。

気持ち良さそうに自転車をこぐ彼女とアスファルトの匂い
随分久しぶりの地方への出張の日、初めて業務で組んだAさんという年配の方は、大柄な男性だ。
初対面で会話をしてから近寄りがたく、個人的な会話はまったくできなかった。
この前、何気なくAさんの半袖になった太い腕をみてかなりびっくりした!
大きなパワーブレスが10個以上つけられていたから。
思わず、パワーストーン興味があるんですね!と話しかけてしまった。くらい。
するとAさんは得意げに、しかも笑顔で、ひとつひとつの天然石の名前紹介してくれた。

悲しそうにダンスする姉妹と読みかけの本

そして列は、ほとんどが買い物目的の日本人という感じだったのでその光景に驚いた。
買い物中の客は、ほぼ日本人観光客という様子だったのでその雰囲気にもびっくりした。
日本人に人気なのは韓国のスキンケア用品は肌に良い成分が多く含まれているとか。
もちろん、それにも惹かれるけれどショップの店員さんの日本語にも感動した。
ちょっとだけなのかもしれないが、日本語が堪能。
私は、過去に勉強した英語を使うチャンスだと思い行った韓国旅行だけど、必要ないくらいに。
口にする機会が多いほど、努力すれば外国語を話せるようになるという事を教えてくれた旅行だった。

笑顔で口笛を吹く彼と夕立
梅雨が明けたばかりだけど、今日蝉の鳴き声を聞いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と感じた。
夏休みが始まる前の休日のお昼前、少年は縁側で空を見ながらアイスクリームを食べていた。
頭の上では風鈴がときどき涼しげに鳴っていた。
いつにも増して暑い日で、日差しが座った少年の足を焦がしていた。
少年は半ズボン姿だった。
汗が頬を伝って流れ、アイスクリームも溶けて垂れてきた。
少年は、近所の屋外プールのオープンに期待していた。

Copyright (C) 2015 ゲーマーは無表情で戦闘機を操る All Rights Reserved.